忍者ブログ

メルマガ起業1年目のスーパ制作術

メルマガを学び起業した強靭の1年目でもできるスーパー制作術。このメルマガ制作術を読めばだれでも起業し成功をすることができる!!! 最強なここだけの知識を記載

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

安定と安心を得られるようにしないといけない

スペースをとってきたときに次はどんな問題が生じるかといいますと、それはピッキングというのがあって例えば物が売れたとき、自分の事務所で自分の棚とかに商品を並べて管理するのをロケーション管理といいますけど、これは場所に名前をつけていくのです。

ピッキングリストというのがあってピッキングというのはつまんでくるという意味です。

このロケーション管理というのをやらないとと本当に誤発想とか、そこでとてつもない労力やコストがかかってしまいますので、利益が全然でなくなるのです。

物がなくなったりとか万引きとかがおきるとかそういう問題も生じてきます。ですから人海戦術とかで月商300とかで商いをやるってきめたんだったら自分が感覚的に商品の場所を覚えてやっていってもいいわけです。そうすると忙しくて話にならないです。

自分が離れたらECが機能しないという状況になるので伸び悩むのです。多くの人はこれで伸び悩んでいます。

月商300を超えていくとなると自分の焦点をかえる必要があります。マーケティングとか商品の仕入れとかです。

安定と安心を得られるようにしないといけないのです。とにかくECというのは難しいのです。物流を自分でもっている会社のほうが売れてあがってくるのです。ECは落とし穴だらけなのです。
PR

お客様が申し込みという意思表示さえできればいい

ECサイトというのを表示して、お客様が申し込みという意思表示さえできればいいのです。ただその約束をそのサイトでしているだけなのです。だから物流をそこでまわしていくわけです。

意思というのはただの通販です。いろんな通販です。その媒体がネットであるということです。

そうなると在庫を持つという可能性が高くなってくるわけです。その在庫回避するという方法があります。

在庫をもつとなればどうなるかといいますと、保管スペースというのが必要になります。ECを最初におこすといきなり倉庫を借りるという人すくなくて、ほとんどの人が自宅が行ったりとかそういうふうな感じで、自分の事務所とかから始めます。

ですから相当なスペースをとるということが分かると思います。これがまだ小さいうちはいいんですけど、月商が1000万というのをもしこのビジネスで目指すとなると、かなりのスペースがとられます。

宝石とか小さくて高いものは例外にあたりますけど、そうじゃないものはすごいスペースになるのです。

特殊な物流会社とは

宅配というのは基本的に小包をもともと運ぶことをそうていとしていますから、小さいものなんです。これを超えてくると料金がたかくなったり取り扱わなかったりするのです。そうすると宅配事業者以外の特殊な物流会社にたのむわけです。

大きいものとか生きているものは特殊な物流会社にたのむのです。

ですから送料が高くなるのです。基本的に運べるものだったらすべてなんでも通販できるんですけど、小さいもののほうがメリットがあるということです。

そうじゃないと契約がややこしくなったりとか、ハードルがたかかったり、物流コストがあがったりとかしてしまいます。

ですから基本的のには衣料とか小物類とか雑貨とか、お酒、ワインだったりとかです。小さなものがECは主流となっています。

そういうものに該当するものであればなんでも売れないものはないということです。ECを根本的に考えてみると、受注、受託の意思表示が合致すれば売買契約が成立するのです。

先進諸国ではEC化率が10%とかいっている国もある

EC化率というのは例えばアパレルとかはどのくらいEC化率がすすんでいるかといいますと、これは元データをどうとるかによってかわりますけど、基本的に現時点で3%だとおもってください。

昔は1.7とかでした。ようはアパレルの市場マーケット規模の内ネットで買われているのが3%しかないということです。

これは先進諸国ではEC化率が10%とかいっている国もあります。ですからECというのはまだまだ伸びる分野ではありますが、現状では少ないという事です。

このECに乗るものはなにかといいますと、基本的に物流が運べるものはすべてECになります。

例えばこれはどうゆうことかといいますと、ヤマトとか、佐川急便とかが運んでくれるものであればどんな商材でもそうです。

家具のようなもの、じつはヤマトと佐川急便は大きさに限定があって家具のようなものは運べません。

それから送料が高いので商売にならないのです。佐川、ヤマトは宅配便事業なんです。

ECサイトの問題点を打開する策

アフィリエイトは24時間みなさんが寝ているときのでも売り上げてくれること、全国を商圏としているということ、在庫をもっていないということ。この3大要素をもっている。

しかしECサイトは、粗利が100%という事がありません。粗利がひくいのです。

それから在庫があるということ、在庫がある可能性が高いということ。アフィリに比べてデメリットを2つ持っているのです。在庫が陥るということ、粗利が低いということです。

ただこれを打開する策を両方説明したいと思います。問題をクリアし解決することができればECはビジネスになります。

では解決策というのをを示すまえにECはいったいどんなものを商材としているかを説明します。

基本的にはEC化率というのがあります。これは今までの20世紀においてのリアル産業のそれぞれのマーケットの流通に占める、インターネット通販への移行の割合をしめします。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
saturo
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ